Meet your represent mind today

Start content

レペゼン LOCAL とは

レペゼンマインド(=Represent mind)とは、何かを代表すること、誇りに思うこと、愛することのぶれない意思。HipHop文化のコア的要素である。
このマインドを強く持つ事で人は生き方さえ変えることができる。レペゼンマインドの素晴らしさが日本中の隅々まで行き届ますようにという想いを込め
「レペゼンLOCAL」が発足した。レペゼンマインドをラップの力で普及させるワークショッププロジェクト始動します。

「レペゼンマインド」を身につけ、強い意志を持つ。

子供も大人も、サラリーマンも学生も、先輩後輩も、
全ての人は「レペゼンマインド」を持っている。

生い立ち、出身地、仲間、学校、チーム、職場、
何かを代表する意思であり、何かを背負っている気概でもある。
愛社心・愛校心・郷土愛などはレペゼンマインドの塊だ。

例えば、今叫ばれている地方創生も地元愛が無ければ始まらない。
企業や地方を元気にするのに最も重要なキーとなる。

「レペゼンLOCAL」のワークショップはその潜在的マインドを引き出し、
みんなの様々な思いをレペゼンラップにして発信する。

講師には日本を代表するMC晋平太。

誰でもラップができるようになる最高の時間。これまで感じた事の無い新しい感覚。みんながラップで思いを届けれられるようになる。

初めてのラップで、自分の思いを発信。

ラップをゼロからやってみる。普通の愚痴を言うと悪口に聞こえるが、ビートに乗せるとエンターテインメントにさえ生まれ変わるのがラップの魅力。嫌なことも好きなこともさらけ出し、今を見つめ直す時間を過ごす。

レペゼンソングを、みんなでつくる。

テーマを決めたら、日々感じている様々な思いを伝え合う。それぞれの気持ちが一つのメッセージとなり、レペゼンマインドが生まれる。みんなの思いをラップに乗せて発信する。

ラップをしたら言いにくいことが言いやすくなった。

ラップには不思議なチカラがある。普段人に言えないような不安や悩みが逆にエネルギーになり、心に刺さるパンチライン(=芯のあるメッセージ)が生まれる。あなたがレペゼンするものをラップにして届けよう。

  1. プロジェクトメンバー

    「チームレペゼンLOCAL」

  2. 音源

    プロデューサー

  3. ラップ

    レペゼンマインド発信

  4. 問い合わせ

ワークショップレポート

  1. 株式会社LIG 2018/4/24
  2. 東村山市役所 2018/2/21
PAGE TOP